貿易事務でカッコイイ人生を送れる|求められる人材に

若い女性が興味を持つ仕事

女の人

お洒落なエリアで働けることが東京のネイリスト求人が注目される理由であり、研修が充実したサロンであれば未経験者でも応募しやすいです。美容系の情報サイトやタウン情報サイトの利用が仕事探しの基本であり、検定に向けて教育が受けられるサロンも魅力的です。

もっと読む

人気の外資系企業で働く

男性と女性

人気の外資系貿易会社での求人を見つけたら、まずはどの程度英語スキルが活かせるのか確認をしてみましょう。普段から英語を使う事で、ご自身のスキルを活かす事ができ、今度のキャリアにも活かす事が出来るでしょう。

もっと読む

貿易には欠かせません

書類

資格制度はありません

貿易事務員になるためには、メーカーの海外事業部などに就職します。入社してからすぐに仕事ができるわけではありませんので、少なくても3か月ぐらいは教育期間になります。専門的な知識が求められるため、経験があればそれを生かして人材派遣会社に登録して、フリーで働いている人もいます。学歴は短大、大学卒業程度で英文科など英語能力と関連した学科を専攻するのが良いといわれています。その一方で経済関係のほうが貿易一般の知識、専門的な知識を貿易事務に生かせるという考え方もあります。貿易事務員には資格制度はありませんが、外国語は不可欠で最低でも英検2級の資格取得を条件として求人している企業は多くなっています。一般の英語より商業英語が役に立っています。

全体の流れを把握

輸出入の取引は、貿易商社だけではなく製造業、百貨店をはじめとした流通、販売業においても広く行われています。貿易事務員は輸出入に関する実際の取引業務を行うわけではありませんが、取引を行っている商社マンや営業職の人たちをサポートする役割を担っています。生活のあらゆる分野で必要とされる海外の原料や製品の輸入、あるいは日本からの輸出がスムーズに行われるようにするため、欠かせない仕事になっています。多くの商社では積極的にこの事務員の求人を行っています。貿易事務員の仕事は営業部員の指示のもとに行われますが、具体的に言われたことだけをやり、部分だけを見ていればよいといったものではなく、貿易手続き全般の流れを把握することも、必要になってきます。

転職で収入を増やすため

男性

正社員として働ける仕事を探したい人であれば、異業種出身者も活躍している、タクシードライバーの仕事が最適です。年収アップを実現するには良いタクシー会社を選ぶべきであり、研修が充実していることや、働きやすい営業所が選べることも重視するべきでしょう。

もっと読む